肩こり

このようなことでお困りではありませんか?

以下のようなお悩みがございましたら、名古屋市千種区にある天仁接骨院都通院へご相談ください

  • デスクワーク続きで肩こりがひどい
  • 肩こりがひどくなると決まって頭痛がする
  • 湿布や飲み薬の効果をあまり感じない
  • 目が覚めた時から肩がこっている

肩こりになる原因とは?

肩こりになる原因とは?

諸説ありますが、人間の筋肉は同じ姿勢をしていると、およそ20分~40分で固まり始めると言われています。デスクワークなどで同じ姿勢をとり続けたりすると、首や肩、背中の筋肉がそのまま固くなります。皆さんどうでしょう姿勢よくお仕事できてますでしょうか?

悪い姿勢で仕事を続けていると悪い形のまま筋肉が固まっていきます。一日二日ぐらいなら良いかもしれません。ただこれが毎日だとどうでしょう。固くなった筋肉は悪い方向へ体を引っ張ります。昨日より少し姿勢の悪い状態で仕事を始めて今日も少し姿勢が悪くなります。

このように少しずつ姿勢が悪くなっていくと、最後には姿勢の悪い状態でロックされてしまい、仕事中に限らず常に姿勢が悪くなってしまいます。不良姿勢のようなバランスの崩れた状態というのは、肩や首などに負担のかかりやすい状態です。少し語弊があるかもしれませんが、常に肩や首の筋肉に力を入れ緊張している状態を想像してもらうといいかもしれません。このように負担がかかり続けている為、肩が痛くなるのです。

肩こりを放置していると・・・

こわばった筋肉が血管を圧迫すると血行不良となり、コリがひどくなります。末梢神経が傷ついて、ジーンとする痛みやしびれが生じてきます。

頭部、顔面の症状

首の後ろ~頭部~側頭部の痛みが起こり、目の奥が痛くなったり、眼精疲労を生じやすくなります。
コリや痛みが強くなると、吐き気をもよおしたり、気分が悪くなったりします。

首、肩の症状

頚椎後方にある脊椎関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、首の後ろから背中、時には胸の前方に痛みやこり、だるさ、違和感が生じます。

腕、手の症状

肩から手、指先までの痛み、しびれなど

頭痛

頭痛の原因

頭痛

頭痛でまずもっとも起こりやすいタイプの頭痛は、「緊張型頭痛」です。頚椎の配列が悪いと頚部の筋肉に負担がかかり、頭から首、肩にかけての筋肉が緊張し、血流が悪くなると疲労物質が筋肉にたまり、神経を刺激して痛みが起こります。
筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢をとり続けたり、心配や不安などの精神的なストレスが原因で起こりやすくなります。
また、眼精疲労や歯の噛み合わせ、メガネによる圧迫、高さの合っていない枕なども原因となることがあります。

頭痛を放置していると・・・

一度頭痛が起こると、痛みによって筋肉のこりや血流の悪さがますます増幅され、頭痛がひどくなっていつまでも続く、という悪循環に陥ることになります。

また、頭痛は誰もが経験したことのあるありふれた症状。繰り返し起こっても心配のないものが多いのですが、中には放っておくと命にかかわる怖い頭痛(脳などの病気が原因で起こる頭痛: くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下腫瘍、髄膜炎による出血)もあります。

当院では、頭痛の根本的な原因から突き止め即効性のある治療を行っております。

当院では、根本的な背骨の原因(ゆがみ、ズレ)から治療し早期回復させます。是非ご相談ください。