腰痛

腰痛・ぎっくり腰 写真


腰痛治療は、当院の得意分野のひとつです。
日本人にとって今や腰痛は国民病となっており、“約1500万人”が腰に痛みを抱えた生活を強いられている現実があります。

こんなお悩みはありませんか?


以下の様な腰の痛みがあるなら、名古屋市千種区にある天仁接骨院都通院へご相談ください。

  • 腰が痛くて長時間椅子に座るのが辛い・・・
  • 立っているだけで腰に痛みを感じる・・・
  • 立ち上がる時に腰に痛みが走る・・・
  • 歩くだけで腰に違和感を感じる・・・
  • 朝、顔を洗う時に腰が痛む・・・

腰痛になる原因とは?

腰痛の原因は様々あり、一つに特定するのは難しいです。
交通事故やコンタクトスポーツなど激しい衝撃での怪我を除いては、
いくつかの要因が重なった結果として痛みが発症していることがほとんどです。
では一番の原因になっているは何でしょうか?
それは日常生活動作です。

・長時間のデスクワーク
・一日中、運転での外回り
・長時間の立ち仕事
・小さなお子さんの抱っこ などなど

当院に来院される腰痛患者さんによくあるものです。
腰痛のある方にとっては「わかる、わかる」といったものばかりかと思います。
でも、なんでこれらの行動で腰が痛くなるのでしょうか?
下にあるものを上に持ち上げるなどの動きであれば、腰が疲れるのもわかる気がします。
でも上の例は、座ってるだけ、立ってるだけで腰を酷使しているとは思えないですよね。
ではなぜ痛くなるのか。それは姿勢が問題なのです。

慢性的な腰痛で痛みが出ているのは筋肉です。
ぎっくり腰などの場合、関節に炎症が起こる場合はありますが、
慢性腰痛に関しては、筋肉に負担がかかることで固くなったり、コリができることで
痛みの症状が出てきます。
実は立っていても座っていても腰に負担はかかっています。
ただ、その負担の大きさが姿勢によって変わってきます。

背骨

人間は二足歩行をするために、重力を分散させて、一部の
筋肉や関節だけに負担がかからないような体格に進化して来ました。
横から見ると、首は前、背中は後ろ、腰は前というように緩やかな
S字カーブを描くことで、絶妙なバランスを保っています。
これが崩れると、つまり姿勢がわるくなると、分散されていた負担が
集中してしまい、痛みがでてくるのです。

名古屋市千種区にある天仁接骨院都通院では検査、確認をしっかりと
行い、バランスの崩れた個所を特定し、整えることで腰痛の改善を
目指していきます。

名古屋市千種区にある天仁接骨院都通院 腰痛治療

腰痛の方はたくさんいらっしゃいますが、その原因は一人一人違います。
腰痛というくくりで皆さんに同じ施術をしていても、皆さんに適応するわけではありません。
そこで当院ではオーダーメイド整体を行っております。
しっかりとお話をお聞きし、検査をしっかりした上で、一人一人に合った施術を行います。

①問診
どのような痛みなのか、どのようなことでお悩みなのか、仕事での作業動作や日常生活動作の問診。

②検査
徒手検査により関節可動域、触察により筋肉の左右差を確認、姿勢のバランスをチェック

③手技
整体術を行います。

④後検査
施術後の関節可動域、筋肉の状態、姿勢の変化をチェックします。

➄運動指導(パーソナル・トレーニング)
日常生活でケアできる方法、トレーニングの指導を行います。

⑥生活上のケア
やってはいけない動作や原因となる動作を指摘し生活の仕方をアドバイスします。

このような流れで施術を行ってまいります。
姿勢は日々の繰り返し動作の中で徐々に崩れていきます。
本人は何でもないと思っている動作に原因があることがよくあります。
何でもないと思っているからこそ、毎日繰り返し行い、どんどん姿勢が崩れていきます。
そういった原因を取り除き、皆様のお悩みを解決できるよう
心を込めて施術させていただきます。

腰痛でお悩みの際は、名古屋市千種区にある天仁接骨院都通院へ是非ご相談ください。

ぎっくり腰

ぎっくり腰になる原因とは?

ギクッとした衝撃で急に発症し、腰に痛みがあり、動きが制限される腰痛の総称です。
痛みのある部位が損傷しているので痛みが出るのですが、何が損傷しているのかというと、

①筋肉・筋膜などの損傷
②関節部分の損傷
③どちらも損傷

①、②だけならまだ動けることもありますが、③になるとまず動けません。
不良姿勢からくる日常生活の疲労の蓄積によって、腰部の筋肉の柔軟性が低下。柔軟性のない筋肉に負担がかかると、
その負担に耐え切れず、筋肉が損傷します。つまりは怪我です。
筋肉が損傷していますので、その損傷部位に対して施術するのはNGです。

名古屋市千種区にある天仁接骨院都通 ぎっくり腰治療

当院では2つのステップでぎっくり腰に対してアプローチしていきます

①筋肉調整で痛みの出ている腰への負担を軽減
腰の筋肉は様々な状況で使われます。立ち上がろうとする時、かがむ時、立っている時・・・
ぎっくり腰になる方は、普段からの不良姿勢により、こういった動作をする際の腰への負担が
大きい状態になっています。腰の周りの筋肉(お尻、太もも、背中など)に対して施術することにより、
様々な動作時の腰への負担を減らすことができます。負担を減らすことで痛みを軽減し、治癒を促進します。

②鍼治療で損傷部位へアプローチ
鍼は試合中のスポーツ選手に処置されるほどの高い炎症緩和効果を持ちます。
また鍼の刺激が鎮痛物質の分泌、放出をし痛みを抑制する効果も期待できます。
髪の毛ほどの細さのものを使用していますので、損傷部位を悪化させることはありません。

これらの施術によって早期回復を図ります。

ぎっくり腰でお悩みの際は、名古屋市千種区にある天仁接骨院都通へ是非ご相談ください。